WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月31日のニュース

全国鬼サミットが7年ぶり復活 14市町が知恵出しあう

1031onisamito.jpg
 鬼文化の根付く市町村が集い語らう「第11回全国鬼サミット」が30日、7年ぶりに鬼伝説のまち・福知山市大江町で復活した。河守の町総合会館を会場に、14市町が集結。鬼伝説を生かした地域活性化の方策などについて知恵を交換しあった。

 北海道の登別市で始まったサミットは、1990年からほぼ毎年、場所を変えて行われていたが、04年を最後に休止状態になった。それを今回、国文祭の地域祭典として復活。今年は鬼を主体にした「地獄まつり」を催す北海道登別市、酒呑童子生誕の地と言われている新潟県燕市などが参加した。
 
 メーンテーマは「鬼文化・次世代へ繋ぐ2011」。オープニングセレモニーで、岐阜県可児市の「鬼神太鼓」に合わせて福知山高校書道部12人が書道パフォーマンスを披露し、巨大な用紙に「全国の鬼大江山に集う」と力強く書き上げた。美鈴小と有仁小の6年生14人もパフォーマンスに加わり、花を添えた。
 
 会議では、各市町が鬼にまつわる取り組みや今後の展開について5分以内で紹介。各市町の代表は、参考にできる部分はないかと、耳を傾けていた。
 
 最後に次期開催地を三重県の熊野市に決め、今後も連携してまちづくりに取り組んでいくことを確認した。この後、会館一帯で開かれた第30回大江山酒呑童子祭りに各市町も参加。地域のPRをした。
 
 
写真=岐阜県可児市の「鬼神太鼓」と福高書道部がコラボした書道パフォーマンス

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ