WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月27日のニュース

ききょう通り商店街に「姫髪山の姫ちゃん」誕生

1027himecyan.jpg
 JR福知山駅北口のききょう通り商店街(植村有志理事長)は、商店街のシンボルキャラクターとして、「姫髪山の姫ちゃん」の着ぐるみをつくった。これまで「福知山」の市名をキーワードに「福童」「知恵翁」の2つのキャラクターを考案。「山」がつく姫ちゃんが出来たことで、キーワードがそろった。30日には駅北口公園で姫ちゃんのお披露目イベントをする。

 姫髪山は毎年8月16日に丹波大文字が灯され、市民になじみが深い。
 
 ききょう通りでは3年前、コミュニティー道路完成に合わせ、「幸せを呼ぶ商店街」をコンセプトに、シンボルキャラクターを生かした独自の街づくりプランを創出。幸福の「福」、知恵の「知」、豊かさの「山」を意味する福知山をキーワードに、幸福を呼ぶ報恩寺の竹の精「福童」、知恵が流れる由良川の精「知恵翁」のキャラクターを作った。
 
 姫髪山の姫ちゃんは、子どもたちが心豊かに、健康に育つことを願う姫髪山の里の精をイメージ。日本髪を結い、鮮やかな着物を着たかわいいお姫さまのキャラクターにした。
 
 福童と知恵翁は石像にして商店街に設置したが、姫ちゃんは動くキャラクターとして着ぐるみにし、いろんな場所で商店街をPR出来るようにした。製作については商店街の特色づくりを支援する府の一商一特推進事業の補助金を活用した。
 
 お披露目イベントでは午前11時30分、午後1時10分、同2時20分の3回、姫ちゃんが登場。各回50人(計150人)にききょう饅頭をプレゼントする。公園内では約15ブースが出店するフリーマーケットを開催。夜久野太鼓の演奏やフォークなどのミニライブもある。
 
 植村理事長は「キャラクターがそろったことで、今後は人が集まり、心がふれあう街づくりを進めたい。キャラクターを生かした商品作りも進めていきます」と話している。
 
 
写真=ききょう通り商店街3番目のキャラクター「姫髪山の姫ちゃん」

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ