WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月26日のニュース

新規顧客獲得へ「100円笑店街」 福知山商店街連盟が29、30日に

1026shotengai.jpg
 イベント集客の切り札として、全国あちこちで取り入れられている100円商店街の福知山版「ふくちの100円笑店街」が29、30両日、福知山市の旧市街地6商店街で開かれる。各店の前に100円の品を並べるが、どんなものを出すかは店主のアイデア次第。商店街が楽しい場になる。福知山商店街連盟主催。

 広小路▽新町▽内記新町▽アオイ通り▽アオイ通り三丁目▽駅正面通りの各商店街に加盟する店の約半数の82店が参加する。
 
 店舗前に100円の商品を並べ、購入の際は店の中で支払いをしてもらうことで客を店の中へ誘導し、取扱商品などをアピールし、新たな顧客獲得につなげる。
 
 両日は御霊公園でミニSLフェスタ、市厚生会館では国文祭の日本「鬼文化」交流祭典が開かれ、こうした催しからの誘客も狙う。
 
 参加店舗にはのぼりを立てて分かるようにする。並べる商品は日用品や食べもの、手作り品などいろい。物販のほか、サービスもある。

■駅正面通りで高校生の焼き菓子販売■

 駅正面通り商店街北寄りの店舗では、福知山市内の高校生でつくる「高校生カフェあせんぶり」が、手作りの焼き菓子を100円で販売する。午前10時から午後3時まで。
 
 福知山まちづくり会社が進める「若人チャレンジ事業」として、「レストランあせんぶり」に続いて企画した。
 
 スイーツ甲子園で特別賞を受賞したメンバーを含む福知山淑徳高校の生徒3人が、マドレーヌ3種とパウンドケーキ2種、スノーボール(クッキー)の合計6種類を作る。
 
 淑徳の生徒7人ほどが接客を担当。また、福知山成美高校と大江高校の生徒も加わって、商店街でチラシを配りカフェのPRをする。
 
 
写真=イベントに向け、試作を重ねる淑徳高校の生徒たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ