WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月26日のニュース

生徒の内申書を底上げ改ざん 京都共栄高で担任が24人分

 福知山市東羽合の京都共栄学園高校(泉良正校長)は25日、3年生のクラス担任の男性教諭(58)が、生徒の調査書(内申書)を実際よりも高い評価に改ざんしていたと明らかにした。記者会見で泉校長は「教育のまち福知山の根幹を揺るがすような行為。本当に申し訳なく思っている」と謝罪し、再発の防止に努めることを強調した。

 成績の改ざんがあったのは、クラスの生徒32人のうち24人分。1人に付き最大4科目で評価を底上げし、5段階の評定平均が実際より0・4上がっている生徒もいるという。
 
 改ざんされていた24人のうち14人が、すでに大学や大学校、短大などの推薦入試を受験し、内定している生徒もいる。
 
就職試験でも、3人が内定を受けている。あとの7人については、これまでのところ書類の提出はしていない。
 
 指定校推薦の評定平均基準に満たない生徒の評価を上げて、試験が受けられるようにしたケースもあり、1人が内定している。同校では「今後内定が取り消される可能性もある」としている。
 
 学校の調査に対し男性教諭は事実を認めており、「特定の生徒に便宜をはかる意図はなかった」と話し、金銭授受も否定している。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ