WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月25日のニュース

SLは大きくてカッコいい 福知山保存会がC58を解説

1025sl.jpg
 福知山市の新町商店街事業協同組合(天野隆雄理事長)は22日、初めての「SLお話し会」を開いた。若者からお年寄りまで多くの人が、広小路通りのポッポランド2号館に展示してある蒸気機関車C58の実車を見学しながら、福知山SL保存会(松田修一会長)のメンバーから構造や運転の仕方について説明を受けた。

 2号館には、旧国鉄下関機関区に配属後、昭和36年(1961)に旧福知山機関区に転属し、約9年間にわたり舞鶴、小浜線で活躍したC58形56号機が展示されている。SLお話し会は、魅力をPRするため、開催中の「福知山鉄道館ポッポランド」秋まつりの一環行事として計画された。
 
 SLが牽引する列車に乗車したことのある年代の人たちだけでなく、若い世代の人も訪れた。綾部市上杉町の会社員、磯井志帆さん(19)は、3姉妹と姉の子ら5人で来場し、メンバーから、全長が18メートル余りあり、石炭などを積載した炭水車を含めると重さが約100トンあることやお召列車の機関車として活躍した功績があることなどについて丁寧に説明を受けた。運転台に上り、動かし方や速度調整の難しさについても聞いていた。
 
 3人は「本物のSLを間近で見るのは初めて。とにかく大きく、格好いい。分かりやすく教えていただきましたが、実際にSLに乗って旅してみたい」と話していた。
 
 また、新町アーケード内には約100メートルにわたってレールが敷かれ、ミニ新幹線700系の運転会があり、子らを喜ばせていた。
 
 
写真=C58の実車の前でSL保存会のメンバーから説明を受ける来場者

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ