WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月14日のニュース

日本人形で福知山踊りをPR 京都の国文祭会場に展示

1014odoriningyo.jpg
 福知山市かしの木台、財団法人人形美術協会京都府支部長の桐村富美子さん(79)が、第26回国民文化祭に合わせて、福知山踊りの踊り手をモチーフにした日本人形を作った。11月5、6両日に、京都市上京区の西陣織会館で開催される国文祭・生活文化展「花ときものと人形」に出品する。

 人形は3体で、高さ40センチ。笠をかぶり、草履を履き、水色の鮮やかな着物を着ている。着物は市内の染色押絵作家、仲井きみよさんの協力を得て作った。
 
 福知山踊りのPRになればと、約2カ月かけて制作。踊っている動きを表現するためのポーズを決めるのが難しかったという。
 
 桐村さんの人形制作歴は約30年で、自宅で教室も開いている。以前から、福知山踊りをテーマに人形を作りたいと考えており、今年の国文祭に合わせて制作することにした。
 
 桐村さんは「文化の祭典という国文祭で、福知山踊りをたくさんの人たちに知ってほしいとの願いを込めて作りました」と話している。
 
 
写真=桐村さんが作った福知山踊りをモチーフにした日本人形

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ