WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月12日のニュース

近所付き合い復活でアオイ通りを元気に 住民の会発足

1012aoidori.jpg
 福知山市のアオイ通りに「近所付き合い」を復活させようと、アオイ通り商店会(沖政昭会長)の活動の一環として「アオイ通りを元気にする会」(朝倉正治代表)が、このほど発足した。1回目の活動として、互いに住民の顔を知ろうと惇明西集会所で8日夜に「落語お楽しみ会」を開催。住民の笑顔で活動の第一歩が始まった。

 アオイ通りは中ノ町、東中ノ町、鍛冶町、上紺屋町、下新町にまたがる。かつては数多くの商店が並び、「人に当たらずに通りは抜けられない」と言われるほど、人々が行き交い、活気に満ちあふれていた。
 
 しかし「元気がなくなり、互いの付き合いも希薄になりつつある」ことに危機感を感じた人たちが、「アオイ通りに元気を取り戻そう」と、商店会員以外の地元住民も巻き込み7人で会を作った。
 
 落語お楽しみ会では、地元の桂三扇さんと、笑福亭由瓶さん、笑福亭松五さんが出演。三扇さんが「元気な笑い声がアオイ通りを元気にします」とあいさつして、松五さんから順に高座に上がった。
 
 兵庫県丹波市氷上町出身の由瓶さんは、高校生のころ「都会」の福知山によく遊びにきていたなどと笑いを取り、「禁酒関所」を披露。会場の子どもからお年寄りまで約40人の笑いを誘った。
 
 朝倉代表は「アオイ通りは細長く、顔を知らない人もいる。コミュニケーションが取れていれば災害時でも気軽に『避難しよう』といえる」と話し、年に数回、住民が交流できる催しをしたいと張り切っている。
 
 
写真=第1回の活動として開いた落語会。桂由瓶さんらの落語に住民が笑い声を上げた

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ