WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月 7日のニュース

国体:弓道成年女子遠的で京都が初優勝 福知山の小牧さんが監督兼選手

1007komaki.jpg
 山口国体弓道競技の成年女子遠的(3人団体戦)で、福知山市弓道協会の小牧佳世さん(50)=平野町=が監督兼選手を務める京都チームが初優勝した。

 遠的は、60メートル先の的に向けて3人がそれぞれ4射した合計得点で競う。全国の各ブロックを勝ち抜いた24チームが出場して山口県弓道場で2日から4日の日程で行われた。
 
 京都チームは、小牧選手と福知山市外の20代、30代の若手選手で編成。近畿ブロック大会で優勝して国体に挑んだ。
 
 京都は予選を突破して8チームでの決勝トーナメントに進出し、1回戦は兵庫に56−50、準決勝は高知に60−37で勝利。決勝は準決勝で高得点の95点をマークした愛知との戦いになった。
 
 愛知の高得点を見てふっきれたことで、逆にリラックスできた。チーム3人で総得点を押し上げて、73−61で優勝を決めた。
 
 小牧さんは奈良出身で、20代のころに奈良代表で国体制覇の経験がある。当時はがむしゃらに挑んだというが、今回は違う。
 
 「京都は女子の選手が少ないので、たくさん育ってほしい。そのサポートが出来れば、との思いで出場しました」。若いチームメートの奮闘が頼もしく、一緒に国体に行った高校生選手たちも率先して手伝いをしてくれた。男子チームの頑張りも励みになった。
 
 「府チーム全体がまとまっていけた。優勝はその結果です」と、小牧さんは若い時とはまた違った喜びをかみしめている。
 
■成年男子の近的は6位■

 福知山市弓道協会の澤端春雄選手(61)=平野町=が出場した成年男子近的種目は京都が6位入賞した。
 
 
写真=国体で弓を引く小牧選手

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ