WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月 6日のニュース

11月から市バスの降車場所自由に 旧3町全路線

1006basu.jpg
 福知山市は11月から、三和町、夜久野町、大江町で運行する市バスの全路線でフリー降車制度を試行導入する。5日に市民会館で開かれた市地域公共交通会議(会長・松山正治市長)で承認された。既存のバス停以外で降車できるもので、利用者は降車位置の50メートル手前までに押しボタンや口頭で運転手に伝える。

 ただし、駐停車禁止区域▽車両の通行量が多い国道9号、173号、175号▽運転手が危険と判断した場所−などでは降りることができない。
 
 利用者が目的地に近い場所で降りられることで、利便性の向上や事故防止、防犯などの観点から導入することにした。乗車場所は既存のバス停のみ。

■市街地まちなか循環路線新規ルート検討も■

 このほか、来年4月の運行をめざしている、市街地を走らせるまちなか循環路線バスの新規ルートを探るため、国から補助金を受けて11月上旬からアンケート調査などをすること、来年4月から市バスの大江山の家線と二箇下線を市街地寄りへ延伸することについても承認した。
 
 延伸は、大江山の家線が、終点を堺川から丹後海陸交通天津出合バス停まで、二箇下線は、グリーンヒルから庵我バス運行協議会筈巻バス停までとし、乗り換えは必要だがバスだけで市街地へ行き来できるようになる。

■園児の絵展示した市のギャラリーバス■

 市バスに親しんでもらおうと、福知山市は三和、夜久野、大江3町内で走らせている市バス9台の車内に、それぞれの地元の保育園児の絵画作品を展示している。展示は11月5日まで。
 
 ギャラリーバスとして昨年は小学生の作品を展示。今年は保育園から絵画を募り、全7園の4、5歳児の絵90点が寄せられた。
 
 車内にはザリガニや家族らの絵が飾られ、運転手によると、知り合いの子の絵を見て乗客同士が会話を弾ませているという。
 
 
写真=車内に絵を展示して町内を運行している市バス

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ