WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年10月 5日のニュース

愛彩フレッシュセンターが1・5倍に増築 来年夏完成予定

1005sato.jpg
 総合小売業、さとう(本社・福知山市上紺屋、佐藤総二郎社長)は、福知山市多保市にあるグループ会社・愛彩フレッシュセンターの増築工事を進めている。生鮮食品の加工、製造、配送などを請け負い、加工・製造能力は従来の1・5倍になる。完成は来年夏の予定。

 生鮮食品の加工・製造、日配(牛乳、豆腐、うどんなど)の集荷・配送が主な業務。
 
 1992年に業務を開始し、店舗数の増加に伴い96年に増築、今回、さらに能力をアップさせるために2回目の増築に踏み切った。総投資額は、増設生産機器分を含めて12憶5000万円。
 
 敷地面積は約1・5倍の3万9169平方メートルに拡大、工場の延べ面積も約1・5倍の1万3074平方メートルになる。これに伴い、生鮮食料品の加工・製造能力は1日平均約1・5倍アップの約9万5000パックに、年間では約1100万パック増の約3500万パックになる。
 
 商品を、さとうの食品取り扱い全店とグループのトヨダ店舗1店、合計38店に供給している。完成後は、新たにトヨダの店舗21店舗に供給し、最大で74店舗への供給が可能になる。これは従来のほぼ2倍の能力で、今後の新規出店分も視野に入れている。完成後、順次供給店舗を拡大していく計画。
 
 従業員数は現在、社員47人、パート・アルバイト263人(8時間換算176人)。増築に伴い、来年5月から7月に社員20人、パート・アルバイト60人を新規採用する予定。
 
 
写真=愛彩フレッシュセンターの増築後のイメージ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ