WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年9月17日のニュース

新日本プロレス 中邑、天山選手ら福知山で熱い戦い

新日本プロレス  5年半ぶりに、新日本プロレスがやってきた−。福知山市猪崎の三段池公園総合体育館で15日、新日本プロレスリングの福知山大会があった。屈強な男たちによる白熱した闘いが繰り広げられ、市内外から多くのファンが駆けつけた。両丹日日新聞社など後援。

 「G1 CLIMAX SPECIAL(クライマックス・スペシャル)2011」。8月14日まで開かれたシングルマッチ最強決定シリーズ「G1クライマックス」後の開催となる。
 
 同シリーズを制した京丹後市出身の中邑真輔選手も参戦。全6試合ともに、派手な投げ技や空中殺法が飛び出し、会場に集まった1000人を沸かせた。
 
 第2試合の8人タッグには、京都市出身の天山広吉選手が出場。永田裕志選手らとともに、悪役レスラー組と対戦した。
 
 序盤は、場外乱闘に持ち込まれて劣勢を強いられたが、最終的には天山選手の必殺技であるTTD(テンザン・ツームストーン・ドライバー)からの締め技で勝ち、前半戦最大の盛り上がりとなった。
 
 ファイナルマッチに満を持して登場した中邑選手も、会場からの大きな声援を受け、6人タッグで後藤洋央紀選手率いる3選手と対戦。迫力満点のキックを繰り出し、見事勝利を収めた。
 
 サイン入りのポスターをかけたクイズ大会や出場選手のサイン会もあり、ファンたちは満足そうに笑顔で会場を後にした。
 
 
写真=多くのプロレスファンが駆けつけ、白熱した試合を見守った
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ