WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年9月15日のニュース

福知山城周辺賑わい創出施設は「ゆらのガーデン」に

0915yuranogarden.jpg
 福知山城近くの市民プール跡地に、福知山まちづくり会社(芦田卓社長)が計画を進めている城周辺賑わい創出施設の愛称が14日、「yurano−garden(ゆらのガーデン)」に決まった。福知山まちづくり会社が公募していたもので、この日発表し表彰式をした。

 この施設は、プール跡の8400平方メートルの土地に、街角の広場、芝生の広場、デッキ、ナチュラルガーデンを配し、飲食や花、雑貨の7店を出店する計画。カフェ併設のケーキ工房、花と雑貨の店、カフェバー、手打ちそばなどが決まっている。
 
 ネーミングの公募では、市外からの21点を含めて121点の応募があり、8月23日の選考会で選び、中心市街地活性化協議会定例会での意見を踏まえ、役員会で正式に決定した。
 
 グランプリには、荒河東町のブティック「クローカ」に勤める池田千奈さん(24)=兵庫県養父市八鹿町=の名称が選ばれ、福知山商工会議所で開いた表彰式では、池田さんと優秀賞の3人に賞を贈った。応募者全員に後日、記念品として施設名称が入った手ぬぐいを送る。
 
 「yurano−garden」は、由良川の「ゆら」の優しい音と、由良川の野をイメージできるネーミングにした。ゆったり緩やかなイメージの中で、ゆっくりリラックスしてもらえるようにと考えたという。クローカは同ガーデンに出店する。
 
 優秀賞には、吉竹純子さん(福知山市長山町)の「城楽里(きらり)福知山」、安藤由香さん(西本町)の「FU−GARDEN(ふうガーデン)」、家田哲士さん(篠尾新町)の「The庭庭(ザにわにわ、またはザガーデンガーデン)」となった。
 
 
写真=グランプリに選ばれ、盾を持つ池田さんと、参加賞の手ぬぐいをもつ芦田社長
 
【関連ニュース】
 ・市民プール跡地に店舗 中心市街地活性化協議会が市民フォーラム
 
 ・市民プール跡地施設出店のレストラン、洋菓子6店舗決まる

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ