WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年9月12日のニュース

有害鳥獣被害減少に期待 捕獲実施隊が活動開始

0912jisitai.jpg
 農作物を奪う有害鳥獣を、安全で効率的に捕獲する「福知山市有害鳥獣捕獲実施隊」が12日から、市内の山林で始動した。有害鳥獣駆除はこれまで月2回の活動だったが、これに加えて平日にも行うようになり、市は被害の軽減を期待している。

 市内では昨夏、山中で猟友会員2人が猟銃事故で亡くなった。それまで市から許可を受けた駆除隊が日時などを決めずに個別に活動していたが、事故を受けて、第2、第4日曜日の月2回を一斉捕獲活動日に決めた。ところが、それだけでは有害鳥獣被害が後を絶たず、市が平日にも活動できる府内初の実施隊を結成した。
 
 実施隊は地元猟友会長が推薦した8人で構成。農区との調整や計画書を作成して、平日午前8時30分から午後5時まで週4日程度活動する。
 
 12日は、収穫期の田んぼや家庭菜園がイノシシ、シカの被害に遭っている室地区に、60−70歳代中心のベテランの隊員8人が集合。赤井和美隊長が安全な捕獲活動を呼びかけたあと、綿密な打ち合わせを行い、銃や猟犬を持った隊員がそれぞれ担当する場所へと向かい山に入っていった。
 
 今年度は10月31日までと、来年3月16日−21日まで活動する。
 
 昨年度の有害鳥獣の捕獲頭数は3715頭。このうちシカはオス、メス合わせて2258頭だった。今年度は3000頭のシカの捕獲をめざす。
 
 
写真=打ち合わせをする隊員たち(12日午前9時20分ごろ)
 
【関連ニュース】
 ・仲間を誤射 悲しい最期 有害鳥獣駆除隊員、猪野々の山中で2人死亡(2010年6月)
 
 ・【速報】猪野々で有害鳥獣駆除中に事故 2人死亡(2010年6月)
 
 ・有害鳥獣駆除活動の安全と周知へ住民も加わり対策会議(2010年6月)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ