WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年9月11日のニュース

大雨の際の未処理下水放流削減へ市街地に貯留施設

0902tyoryuusisetu.jpg
 福知山市は市街地127ヘクタールで、雨水と汚水を一緒に処理する「合流式下水道」を整備している。しかし、大雨の時には未処理の下水が河川に流出するため、その緊急改善事業として、和久市町に雨水と汚水をためる貯留施設を造った。下水道部は「未処理の下水の年間放流回数が、ほぼ半減できる」と期待している。

 合流式下水道の対象世帯は惇明、昭和学区の一部約2700世帯。大量の雨が降った時は、処理場での処理が追いつかず、下水がそのまま由良川に排出される事態が起こり、河川環境に悪影響を及ぼしていることが問題視されていた。
 
 そこで、改善策を探るため、2003年度から調査を開始。16億円余をかけて、直径3・75メートル、延長約480メートルの貯留管を和久市ポンプ場から福知山消防署近くまでの地下10メートル地点に埋設。貯留量6000立方メートルの設備を確保した。
 
 雨天時には、貯留管に雨水と汚水を一時的にため、雨が上がれば通常の処理をする。これで未処理の下水の放流回数を年42回から20回に減らし、環境に与える影響を少なくできるとしている。
 
 
写真=地下に埋設した貯留管の内部。直径3・75メートルある

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ