WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年8月29日のニュース

「実りの秋」到来 福知山の各地で稲刈り始まる

0829hirano.jpg
 福知山市内の各地で稲刈りが始まっている。大江町内の由良川筋では秋の台風シーズンを避けて、毎年8月中に始めるところが多く、川筋では実りの秋を迎えている。

 早場米産地の北有路では、今年は16日に行う農家が見られた。地区内に住む平野征夫さん(73)は21日から始めた。
 
 平野さんは今年約4ヘクタールの田んぼで稲を栽培している。盆ごろから雨が降る日が続いていたが、28日は好天となり、家族4人が加わり約20アールの田で作業。コンバインでコシヒカリを手際よく刈っていった。
 
 6、7月によく雨が降ったため、水の管理には苦労しなかったという。「米の出来はまあまあです」という平野さん。これまで約1ヘクタール分の稲刈りを終えた。「天気を見ながらの作業で、全部の稲刈りが終わるのは9月中ごろになるでしょう」と話していた。
 
 また同日、同じ北有路在住の真下弘さん(87)の田でも稲刈りがあった。作業は近所の人に依頼したが、真下さんも田の縁の手刈りをした。
0829mashimo.jpg
 真下さんは以前、たくさんの田で米作りをしていたが、今は国道175号沿いの5アールの田んぼだけ。昨年大病を患ったが、稲刈り作業には立ちあいたい−と、機械では刈れないところを鎌で刈っていった。
 
 収穫した米は自家用で、真下さんは「おいしい米が食べられそうです」と喜んでいた。
 
 

写真上=たわわに実った稲をコンバインで刈っていく平野さん
写真下=田の縁の稲を鎌で刈り取る真下さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ