WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年8月13日のニュース

災害時の緊急情報を携帯に 福知山市がエリアメールを開始

0814eria.jpg
 大規模地震や風水害発生時の情報伝達手段を増やすため、福知山市は携帯電話へ一斉に災害・避難情報を流す「エリアメール」の運用を15日から始める。ドコモの携帯に限られるが、事前の登録は必要なく、月額使用料や通信料金もいらない。府内では1日から始めた木津川市、10日からの京都市に続いて3番目の導入。

 市が発信するのは、台風や大雨の際の避難準備情報、避難勧告など緊急性が高い情報。福知山市内区域にいるドコモ携帯を持っている人なら、福知山市民かどうかにかかわらず、旅行者や通過中の人も受信することができる。
 
 逆に、福知山市民が京都市など運用している他市へ出向いている際に、そこの土地で緊急情報が出た場合も受信できる。
 
 エリアメールを受信すると、専用の着信音がしてメッセージが自動的に携帯の画面に表示されるため、メールの使い方に不慣れな人でもメッセージを読むことができる。
 
 通常のメールの場合は一度に大量の宛先に送信すると、基地局などが混雑して配信に遅れが生じることがあるが、エリアメールは異なる方式で送信するため、遅延が非常に少ない。事前登録や申し込みがいらないため、発信する行政は、受信者のメールアドレスを管理する必要も無い。
 
 屋外スピーカーや市の広報車が緊急情報を呼びかけていても、豪雨で聞こえなかったり、近くにスピーカーが無かったりすると情報が市民に届かないが、手元に置く携帯を利用すれば情報が伝わる機会が増える。ただし、通話中だったり、ホームページの閲覧やメールを送受信している時、電波の状態が悪い時にはエリアメールは受信できない。
 
 機種によっては事前に設定をしておく必要がある(2008年11月以降に発売の機種は購入時に「受信」設定がされている)。対応機種一覧と設定方法はドコモのホームページで公開されているほか、篠尾新町のドコモショップ=フリーダイヤル0120−077347=に持参すれば、説明や設定をする。
 
 市では「ドコモ以外の携帯電話事業者が同様のサービスを開始した場合は、順次導入を検討する」としている。
 
 
写真=エリアメールの概要図

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ