WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月29日のニュース

ゲリラ豪雨の浸水対策 雨水貯留槽設置に福知山市が補助

0729taru.jpg 近年多発するゲリラ豪雨などによる浸水対策の一つとして、福知山市は、家庭用雨水貯留槽の設置者に補助金を交付する事業を創設した。対象は市街化区域にある戸建て住宅の住民。8月1日から、先着順で約20基分の申請を募る。

 ゲリラ豪雨などによる道路への雨水の流出を防ぐとともに、水やりなど雨水の有効利用をしてもらおうと、新規事業として予算化した。
 
 補助対象は貯留槽が200リットル以上で、補助金額は購入費の2分の1だが、上限3万円。住宅1戸につき1基限りとする。
 
 下柳町の市治水記念館に貯水量250リットル、胴周り最大73センチ、高さ88センチの樽型の雨水貯留槽を設置し、事業をPRしている。下水道管理課は「地下に貯留施設を埋設していますが、家庭用貯留槽の設置促進を図り浸水対策としての効果を上げたい」としている。
 
 希望者は貯留槽を購入する前に、必要事項を記入した申請書と貯留槽の見積書の写しなどを付けて、上荒河の市下水道管理課まで持参する。申請書は同課と本庁舎内の市民課にあるほか、8月1日から市のホームページからダウンロードできる。
 
 
写真=治水記念館に設置した雨水貯留槽

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ