WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月23日のニュース

高校野球:福知山、最後まで諦めず組んだ円陣

0723fukko.jpg
 福知山のベンチは、守備を終えるたびに「ここからだ」と声を出し、決して諦めなかった。6回前のグラウンド整備後には、先発も控えのメンバーも入り混じって、覆いかぶさるように円陣を組んだ。塩見太嘉良主将は「控えも気持ちを託して一緒に頑張るんだと、初めてやった」と、チームのつながりを実感した。「多くの人に応援してもらった。感謝の気持ちと申し訳なさでいっぱいです」と涙がこぼれた。

 新谷俊行監督は「守りから戦おうと思った夏。大体は出来ていた」と選手たちをねぎらった。立命館宇治については「(無死で)先制点を取ったあとの3番がしっかりと送ってきたので本気だと思った。すきがなかった」と完敗を認めた。その上で「まだまだレベルアップできる」と、再びベスト4を目指すことを誓った。
 
▽22日・わかさスタジアム京都
立命館宇治
  500 002 1=8
  000 001 0=1
福知山
 (7回コールド)
 
 ○…福知山の先発・石原は初回、立ちあがりを狙われて連打で5点を奪われた。2回からは本来の調子を取り戻し、5回までは勝負どころで直球を低目に決めて毎回のように三振を奪い、この間は被安打2、失点0でしのいだが、6回2死から再び制球を乱して追加点を許した。
 
 打線は、なかなか安打が出ずに苦しんだが、6回裏に四球と石原の左前打、敵失で1死満塁のチャンス。藤田が押し出し四球を選んで1点を返し一矢報いたが、後続が断たれて涙を飲んだ。(一部再掲)
  
 
写真=6回前、全員で覆いかぶさるように円陣を組んだ
 
【関連ニュース】
 ・高校野球:福知山4強ならず

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ