WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月21日のニュース

大江町総合会館で、原爆の悲惨さ伝えるパネル展

原爆展   福知山市大江町河守の町総合会館ロビーで、ミニミニ原爆展が開かれている。第2次世界大戦の末期、米軍は8月6日に広島、その3日後に長崎に原子爆弾を投下し、多くの犠牲者が出た。痛ましい戦争が二度と起きないようにとの願いを込めている。

 展示しているのは福知山市が加盟している日本非核宣言自治体協議会から借りた写真パネル約20点など。
 
 人類史上初めて広島に原爆が投下され、約80キロ離れた瀬戸内海上空から撮影された巨大なきのこ雲、自転車で郵便配達中に被爆して背中一面にやけどを負った少年、広島への投下時刻の午前8時15分で止まったままの時計などの写真が、その威力と悲惨さを物語る。 
 
 昨年8月、長崎での平和学習に参加した市内在住、在学の高校生が学習成果をまとめた「あいさつし合う▽認め合う・理解し合う▽気持ちを伝え合う▽話し合う▽感謝し合う」の平和宣言文を掲示している。
 同展は29日まで。8月4日から16日までは市役所ロビーで開く。
 
 
写真=原爆投下時の巨大なきのこ雲などの写真が並ぶロビー
 
  
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ