WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月17日のニュース

もしもし笑顔大賞に4人 電信電話ユーザ協会北京都

0711egaohyousyou.jpg 電話応対が良く、素敵な笑顔で接客する人をたたえる「もしもし笑顔大賞」の受賞者がこのほど決まった。日本電信電話ユーザ協会北京都協会(谷村紘一会長)が募集していたもので、府北部の4人が受賞。福知山市内勤務・在住者は3人が選ばれた。

 ビジネスの世界に笑顔あふれる温かいコミュニケーションを広げよう―をテーマに、電話応対が素敵な社員、いつも笑顔で接している店員らをクローズアップし、表彰するもので、今回初めて企画された。
 
 京都協会と北京都協会それぞれが募集。各協会の役員が、応募があった企業などに出向いて、本人と会ったり、電話をかけて応対ぶりを確かめたりして審査した。
 
 北京都協会が選んだ大賞受賞者は、来来亭福知山店の堀田裕美さん(37)▽佐川急便福知山店の松原ひとみさん(33)▽綾部市・日東精工人事総務課の井ノ元美和さん(43)=福知山市内在住▽京丹後市峰山町・プラザホテル吉翠苑の松尾直樹さん(33)。
 
 4人は、客の目の高さに合わせた応対、明るい笑顔での接客、電話応対であっても笑顔を欠かさないことなどが認められ、大賞に選ばれた。
 
 表彰式は8日に福知山市のサンプラザ万助で開かれた北京都協会の今年度総会の中で行われ、大賞受賞者らが谷村会長から表彰状と記念品を受け取った。
 
 堀田さんは「受賞は本当にうれしい。これからも笑顔で明るく、お客さんが話しかけやすいような接客をしていきたい」。松原さんは「まさかこんな賞がもらえるなんて思いませんでした。選んでいただけたことに恥じないよう、これまで以上によい応対をしたい」と喜んでいる。
 
 
写真=谷村会長から受賞者に記念品が渡された

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ