WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月17日のニュース

モーグルの来季強化指定に 共栄中2年畑田さん、五輪選手出場の記録会で8位

0708moguru.jpg 福知山市東羽合の京都共栄学園中学校2年生、畑田萌香さん(14)=丹波市青垣町=がこのほど、長野県白馬村で開かれた来季のモーグル強化指定選手を選考する記録会の女子の部で、中学生では最上位の8位に入った。五輪出場選手も交えたなかでの好記録で、国際舞台に向けて一歩を踏み出した形になる。

 両親の影響で6歳のころからスキーを始めた萌香さん。中学生になってからは、コース上に造られたコブの斜面とジャンプ台を滑ったり、飛んだりして、技術とタイムを競うモーグルに挑んでいる。
 
 2月下旬に岐阜県で開かれた第4回ホワイトピア東海北陸モーグル競技会B級で優勝、3月上旬に兵庫県で開かれたA級公認第4回西日本モーグル大会でも優勝。同月下旬に栃木県で開催される「JOCジュニアオリンピックカップ」に出場を決めていた。ところが東日本大震災の影響で大会は中止となり、全日本スキー連盟(SAJ)公認大会の上位者らによる代替イベントの記録会に臨んだ。
 
 来シーズンの日本代表選考のための参考とするもので、SAJのポイント上位者が参加。全選手が2本ずつ滑り、ポイントが高かった方を採用し、ランキングが決められた。畑田さんは14・38点をあげた。1位は21・38点を出したバンクーバー冬季五輪8位入賞の村田愛里咲選手だった。
 
 畑田さんは「14年にロシアのソチで開かれる冬季オリンピックに出場するのが目標。このためには日本で4位以内にランキングされる必要があり、20点以上を出すことができるように練習に励みたい」と意欲をみせている。
 
 バックフリップ(バック宙)を決めないと高得点を出すのは難しく、冬の休日は白馬村のスキー場に通って技を磨き、夏は人工芝を敷き詰めた兵庫県の若杉高原大屋スキー場でウオータージャンプなどをして練習に励んでいる。今秋には中国遠征も予定されている。
 
 
写真=記録会で上位に入り、喜ぶ畑田さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ