WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月13日のニュース

元プロ野球選手からボールの投げ方など教わる 上川口小児童

0713daimon.jpg 福知山市野花の上川口小学校(森川智美校長、79人)で12日、元プロ野球選手による軟式野球教室があった。児童らはこの日を楽しみにしていて、目を輝かせながら正しいボールの握り方やバットの振り方について基礎から学んだ。

 トップアスリートを派遣し、スポーツの素晴らしさなどを子どもたちに伝える「スポーツ選手活用体力向上事業」の一環で、日本体育協会と文部科学省が主催している。
 
 今回の講師は、元大洋ホエールズの投手で、現在はファイナンシャルプランナーとして活躍している大門和彦さん(46)が務めた。
 
 体育館で全校児童が大門さんによる「野球の楽しさ、スポーツの楽しさ」と題した講話を聴いたあと、2年から6年生までの61人が運動場に移動して実技指導を受けた。
 
 ボールの握り方などを説明したあと、大門さんは投球方法について「足を上げて前に出す瞬間にグラブも同時に前に出すと、うまく投げられる」などと分かりやすくポイントを説明。児童らは大門さんから「分かりましたか」と聞かれ、「はい!」と大きな声で返事していた。
 
 地元の少年野球チームに所属する6年生の吉流風君(11)は「分かりやすく教えてもらえて、とても勉強になりました。ボールに縦回転がかかるようになってうれしい」と喜んでいた。
 
 
写真=正しい投球フォームを分かりやすく教える大門さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ