WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年7月10日のニュース

庭に龍やゾウの植木 前田の田渕さん宅

0708zou.jpg 福知山市前田、田渕保さん(71)方の植木が変わった形をしている。2本あり、1本は龍に、もう1本はゾウに似ていて、栽培や刈り込みに手間をかけて形作られている。

 田渕さんは約25年前に、加古川市から実家に移住。そのころ鉢植えでスギの仲間の植物を育て始め、その後、玄関前の庭に移植した。上に伸びていく枝を刈り込んで、横に伸びるようにしたところ、いつしか龍のような形になった。長さは7・2メートルで、先端は発泡スチロールや植木鉢などで顔をつくっている。
 
 ゾウの形はヘデラという植物で出来ている。約10年前に鉢植えで育てていたものを庭に植え替えた。コンクリートブロックの塀沿いに枝が伸び、3年ほど前に田渕さんの孫が「ゾウに似ている」と言ったのをきっかけに、ゾウに似せて刈り込むようになった。
 
 鼻や口の部分は自然に出来、ほとんど剪定はしていないという。大きさは縦約2メートル、横約2・4メートル。こちらも目の部分に発泡スチロールなどを入れている。
 
 田渕さんは「最初は何かを形作ろうという気はありませんでしたが、だんだん似てきたので、それらしくしようと思い、剪定を始めました」と話す。龍はもう少し尻尾の部分を伸ばし、ゾウのほうは鼻や耳をもう少し伸ばしたいという。このほかゴヨウマツでツルを形作ることも考えている。
 
 
写真=鼻の先端にはボールを置き、ユーモラスなゾウを表現

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ