WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年6月28日のニュース

地元被災地を元気にと若者たちが手作りイベント計画

 福知山市三和町千束で7月30日、地域の活性化と東日本大震災の被災者支援を目的に「START of SUMMER in 三和」が開かれる。手作り市や地元の人たちによる太鼓の披露などがあり、夜には花火も打ち上げる。イベント中は、募金箱を設置して義援金を募るとともに、被災者へのメッセージも受け付ける。

 地元の若者らが中心になって組織する実行委員会が主催する。午前7時から午後9時まで、市三和支所近くの国道9号沿いにある広い空き地で行う。
 
 まちの活性化と併せて、被災地の人たちが希望の持てることや支援ができないかと、三和町の若者たちが立ち上がり、イベントを企画した。地元の人たちの力も借りて準備を進めている。
 
 当日は、地元の材料を使った食べ物や工芸品など、手作り市のブースを並べ、特設ステージではボランティアの保育士による本の読み聞かせ、市内の吹奏楽団による演奏などを催す。
 
 震災に強いまちづくりを目指し、市消防団の細見分団によるAED(自動対外式除細動器)や消火器の使い方の指導もある。
 
 代表を務める檜木浩さん(51)は「三和町は過疎化が進んでおり、若い人たちがどんどん離れていく。そんな状況を打開したいと、地元に残る若者から『自分たちがどうにかしなければ』との声があがりました。その熱い気持ちに押され、私たちも一緒になって取り組んでいます。この先もずっと続くような一大イベントになって、元気な三和町を自分たちの手で取り戻せたら」と話している。
 
■ 手作り市の出店者募る ■
 
 実行委員会では、このイベントの手作り市で出店する人を募集している。申し込みは、往復ハガキで、往信用裏面と返信用表面にそれぞれ郵便番号、住所、名前を書き、往信用裏面にはファクスと電話番号、さらに屋号と販売するものも記入する。送り先は〒620−1431福知山市三和町の細見郵便局まで。7月10日必着。
 
 問い合わせは、電話(58)2091の檜木さんまで。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ