WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年6月24日のニュース

「元気出そう日本!」ことしも8月15日にドッコイセ花火大会

花火大会 福知山市の夏の一大イベントである「ドッコイセ花火大会」は、ことしも8月15日に開催されることが、このほど開かれた実行委員会(会長・谷村福知山商工会議所会頭)で正式に決まった。例年通り、音無瀬橋付近を主会場に、午後7時30分から猪崎の由良川右岸で打ち上げる。「みんなの花火」募金、「メモリアル花火」の受け付けは7月1日から始める。

 東日本大震災の被災者に配慮してイベントの自粛ムードもあるが、検討の結果、「元気出そう日本! 福知山から花火にこめて」をテーマに開催することを決めた。12万5000人の人出を見込む。
 
 福知山を全国に広くPRし、地元の商業・観光の振興、経済活性化を図ることが目的。「ごみもちカエル」キャンペーンを通じて、ごみの分別回収推進、環境美化への理解を深める狙いもある。
 
 花火は、全部で6000発。府内では福知山だけの2尺玉のほか、仕掛け花火、スターマインなどがあり、最後は超特大のスターマイン「みんなの花火」が夜空を染める。
 
 午後7時30分から8時ごろの間は、大会の協賛事業として、恒例の日本ボーイスカウト福知山第1団育成会(芦田完団委員長)による灯籠流しがある。音無瀬橋上流から約1500個の灯籠が流され、川面を彩る。
 
 花火大会は、同実行委員会の主催で、市が共催し、福知山商工会議所の主管で実施。両丹日日新聞社など20団体が後援する。今回は福知山商工会議所創立65周年記念も冠につける。
 
 
写真=昨年の花火大会
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ