WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年6月18日のニュース

今度はミワちゃんミニブタに乗る 福知山市動物園

0618miwa.jpg■ウリ坊の背中みたいと人気復活■

 福知山市猪崎の市動物園で、イノシシの子・ウリ坊の背中に乗り、その愛らしい姿が話題になった子ザルのミワちゃん。ウリ坊が大きくなったため、園内散歩はやめになったが、今はミニブタの背中に乗って遊ぶことが多い。中でも同じ1歳のヒトミちゃんに乗る時は、ヒトミちゃんが嫌がって小走りをするため、かつてのミワ・ウリコンビを思い起こさせるロデオ走りを見ることが出来る。新たなコンビに、来園者たちは大喜び。

 ミワ・ウリの園内散歩は4月15日でラストランになった。ウリ坊は園入り口近くの囲いの中で飼育されているが、ミワちゃんは今も二本松俊邦園長と時折散歩する。特に気に入っているのがミニブタとの遊び。たくさんいるミニブタの背中に乗ってじゃれている。
 
 ミワちゃんが背中に乗っても、ほとんどのミニブタは嫌がることなく、ミワちゃんも乗馬のように背中を伸ばし、ゆったりとした格好でいるが、ヒトミちゃんの時は、そうもいかない。
 
 ヒトミちゃんは怖がりなため、ミワちゃんが背中に乗ると嫌がり、振り落とそうと小走りになる。ミワちゃんのほうは振り落とされないよう、競馬の騎手のようにおしりを浮かせて背中にしがみつく「モンキー乗り」をする。
 
 この姿はミワ・ウリがまだ小さかったころのロデオを思い起こさせる。ただ、ヒトミちゃんの変幻自在の動きで、ミワちゃんが振り落とされてしまうことが多く、まだ完ぺきには乗りこなせていない。
 
 ミワ・ウリの人気が沸騰した昨秋と比べると、園の入場者数は減っているが、いまだに2匹の人気は高く、特にミワちゃんがミニブタ舎の中で遊んでいる時は人だかりができる。ヒトミちゃんの背中に乗ってロデオ姿を見せると、周りからは「まだ小さかったウリ坊に乗っていたころを思い出す」といった声が聞こえ、カメラにその姿を収める人たちが後を絶たない。
 
 最近は、以前よりヒトミちゃんの態度も「軟化」。ミワちゃんが乗っていても立ち止まって、まんざらでもない様子を見せる時もある。
 
 ミワちゃんはあと1年ぐらい園内散歩が出来そうで、今後モンキー乗りに磨きをかけるとともに、ヒトミちゃんとの絆を深めていく。
 
 二本松園長は「ミワちゃんは、ウリ坊に乗っていたころを思い出しているかのようで、すごく楽しい様子です。こんな姿がまた見られるなんて思わなかった」と話し、新たな名物コンビ誕生に期待を寄せる。
 
 
写真=モンキー乗りでヒトミちゃんの背中に乗るミワちゃん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ