WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年6月14日のニュース

青紫色の美しい姿−国蝶のオオムラサキ羽化 厚中問屋町の民家

0614oomurasaki.jpg 国蝶で環境省の準絶滅危惧種に指定されているオオムラサキの羽化が、福知山市厚中問屋町の写真愛好家、大地洋次郎さん(70)宅で始まった。現在5匹いて、青紫色の羽を広げ、美しい姿を見せている。

 大地さんは、激減しているオオムラサキを増やそうと、11年前から自宅に小屋を建て飼育を続けている。
 
 今年は11日午前6時30分に体長12セの雄1匹が羽化。昨年より1週間早いが、ほぼ例年通りという。5匹は小屋の中でクヌギの丸太や食草のエノキに止まり、大地さん特製の人口樹液を吸っている。
 
 7月中ごろまで羽化が続き、今年は約200匹の誕生を期待している。成虫はエノキの葉っぱに卵を産み付ける。毎年放蝶を続けており、今年は7月終わりか、8月初めごろに市内の三段池公園で計画している。
 
 大地さんは「今年も順調に羽化しています。羽化が始まると初夏の訪れを感じますね。東北大震災で被災した子どもたちに元気を出してもらう意味で、メディアを通じてでも見てもらえればうれしい」と話している。
 
 オオムラサキの見学も受け付けている。
 
 
写真=羽化しきれいな羽を広げたオオムラサキ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ