WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年6月11日のニュース

「牧川の水はきれい」 金谷小3、4年が水生生物を観察

0609makigawa.jpg 福知山市猪野々、金谷小学校(井上雅道校長)の3、4年生12人は8日、福知山環境会議の動植物調査プロジェクトの吉井雅宏リーダーらメンバーの指導を受けながら、近くの猪野々橋上流の牧川で水生生物の観察などをした。

 プロジェクトは、環境を大切にするまちづくりを目指し、市内の学校などからの依頼を受け、子どもたちに地域の河川やそこにすむ生物について教える体験型出張授業を開いている。
 
 金谷小学校では毎年、3、4年生の総合的な学習の一環で牧川の水質調査をしており、4年生は今回が2回目となる。
 
 吉井リーダーら3人が指導し、透視度計で水道水と川の水を比べたり、COD(化学的酸素要求量)で水のきれいさを測ったりした。
 
 次に、児童らは水質に合わせてすみ分ける水生生物について説明を受け、実際に川に入って生物を探した。「水生生物は、足やひげが取れやすいものが多いので、刷毛で洗うように石から落としてください」とアドバイスを受け、教わったとおりに丁寧に取っていた。
 
 3年生の西村楽都君は「水の中にいる虫はパソコンでは見たことがあったけど、実物を見たのは初めてです」と言い、4年生の山口広輝君は「去年よりもたくさんの虫が見つかってよかったです」と喜んでいた。
 
 調査の結果、カワゲラ、ブユ、ヒラタカゲロウなどが見つかり、川は「きれいな水」と判定された。
 
 
写真=一生懸命に水生生物を集める子どもたち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ