WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月30日のニュース

府立高校普通科のシステム変更 中丹6校が説明会開く

0530setumeikai.jpg 中丹通学圏の府立高校6校が一堂に会しての学校説明会が28日、福知山市中ノの市厚生会館であった。口丹以北の府立高校は、来年度から普通科のシステムが変更になることもあり、たくさんの中学3年生や保護者らが訪れ、それぞれの学校の説明を聴いた。府教委、中丹府立高等学校校長会主催。

 普通科はこれまで画一的に普通科の類・類型制度を設置していたが、来年度からは、生徒一人ひとりが能力や適性、進路希望などに応じて、コースや教科を柔軟に選択できるようにする。これにより、高校は創意工夫して、特色ある学校づくりができるようになるという。
 
 中丹圏の学校では、この制度がある福知山と綾部、東舞鶴、西舞鶴の4校が対象となる。それぞれが来年度から、標準コースや発展コース、総合探究コース、学び探究コースなどを新設することになる。
 
 福知山高校では、1年生時には普通科にコースを設けず、入学前に実施する学力診断テストなどを参考にクラスを編成。2年進学の際に、人文・社会科学コース、自然科学コースのいずれかを選択できるようにする。
 
 大江高校と工業高校については、制度の大幅な変更はないが、各学校が与えられた15分間で、それぞれの独自性をアピールした。
 
 中盤には、府教委高校教育課の谷真也指導主事による、同制度の変更についての説明や入試制度などの解説もあった。
 
 2階には、学校別のブースも用意されていて、保護者らは入試制度や進路のこと、専門科目についてなど、気になる質問をぶつけていた。
 
 
写真=普通科の制度変更について解説する府教委の谷指導主事

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ