WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月28日のニュース

福知山マラソンの参加料を値上げ 協賛金が大幅減

0528marason.jpg 福知山マラソン実行委員会は27日、福知山市猪崎の三段池公園総合体育館第1会議室で会合を開き、11月23日に開催する第21回大会の要項などを決めた。企業協賛金の落ち込みなどで歳入確保が厳しく、大会の質を落とさないためには歳出削減だけでは足りないことから、フルマラソン参加料の値上げに合意した。

 続く景気低迷や東日本大震災の影響で、企業協賛の金額削減と撤退が相次ぎ、協賛金は前回大会から約470万円減の約1100万円と見込む。市の交付金も第20回記念大会で上乗せした100万円がなくなり、1300万円の計上。歳出全体を見直して経費削減に取り組むが、これまでの参加料ベースでは財源不足に陥ると試算。フルマラソン参加料を1000円上げて6000円にする。
 
 種目はマラソン(42・195キロ)の登録、一般、視覚障害者一般・IPC登録の各部、サブ種目は2キロ、3キロ、10キロのファンラン。
 
 フルマラソンは定員1万人。制限時間は6時間で、レースを円滑に進行するため38・7キロ地点に最終関門を新設する。
 
 実行委員長の芦田昭副市長は「神戸、京都などで都市型マラソンが増えてきている。環境、財政ともに厳しいが、20回開催してきたキャリアを強みに、福知山の良さを出していける大会にしたい」と協力を呼びかけた。
 
 事務局の市スポーツ振興課からは、震災被災地のランナーが走る場合の補助策などを現在検討していることが報告された。
 
 
写真=1万人が参加するフルマラソン(昨年の大会)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ