WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月25日のニュース

電気自動車普及へ環境着々 充電スタンド府内に23カ所

0525dennkiji.jpg 環境に優しい電気自動車(EV)などの普及に向け、府、民間業者などが急速充電スタンドの設置を進めている。ガソリン車に比べて、一回の充電で走行できる航続距離が短いものの、現在は充電スタンドが府内の23カ所に点在しており、エアコンを使わないなど効率良く乗れば、府内全域を走れる環境がほぼ整った。

 充電スタンドを利用できるのは、電気モーターで走る電気自動車など。大気汚染の原因となる二酸化炭素が排出されず、ガソリン車に比べて燃料費の節減につながり、すでに一般に販売している自動車メーカーもある。航続距離が短く、車両価格が高いことなどが普及のネックになっているが、それらの問題が改善されつつあり、充電スタンドも全国的に増えている。
 
 府内では2010年4月から、本格的に急速充電設備の使用が開始された。設置主体の内訳は府14カ所、京都市3カ所、民間業者6カ所。
 
 福知山市内では、急速充電装置が09年秋、蛇ケ端の大嶋カーサービスに府北部で初めて導入され、10年春に府が夜久野高原の「道の駅農匠の郷やくの」に整備した。今春には、太陽電池パネルを取り付けて環境配慮型にし、発電された電気を充電の一部に充てている。
 
 急速充電器は、約30分で車載のバッテリーの8割程度まで充電できる。普通充電器は200ボルトコンセントで、約8時間で満充電となる。現在、府補助で13カ所に設置。車種によっては160〜200キロ走行できる。しかし、エアコンやヒーターを使うなどした場合は、航続距離が短くなるという。府が整備した充電スタンドは当面、無料で利用できる。場所は、府環境政策課のホームページで閲覧できる。

■EVレンタカー 中丹では優待事業■

 これに伴い、府は電気自動車のレンタカーを利用して対象施設を訪れた人を特別優待する「中丹EV・PHV物語」の事業に、今春から取り組んでいる。
 
 対象車両は、大嶋カーサービスが貸し出している1台(三菱自動車のアイ・ミーブ)で、福知山の本社だけでなく、綾部店、舞鶴店でも手配できる。
 
 対象施設は福知山城、佐藤太清記念美術館、農匠の郷やくの(以上福知山市)、グンゼ博物苑、黒谷和紙工芸の里、あやべ温泉二王の湯(以上綾部市)、赤れんが博物館、舞鶴港とれとれセンター(以上舞鶴市)の8施設。電気自動車に備え付けられている「電気自動車証明書」を提示すると、記念はがきのプレゼント、入館料無料などの特典を受けることが出来る。来年3月末まで。
 
 レンタル料は、11月末までは2000円引きで、6時間なら3980円、24時間なら5980円。同社の急速充電装置は無料で利用できる。ただし、レンタカー利用外で一般の人が充電する場合は1回500円がいる。
 
 問い合わせは大嶋カーサービス、電話0773(22)1300。
 
 
写真=太陽電池パネルが取り付けられた「農匠の郷」の急速充電装置で充電する車

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ