WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月16日のニュース

春季府高校野球:成美が夏に期待の準優勝 立宇治と最後まで競り

0516seibi.jpg 春季府高校野球大会は15日、京都市・わかさスタジアム京都で決勝戦が行われ、福知山成美が立命館宇治と対戦。3−4で惜敗し、準優勝に終わったが、最後まで粘りを見せ、「夏」に期待を抱かせた。同日、3位決定戦も行われ塔南が京都外大西に3−2で延長サヨナラ勝ちを収めた。

 成美は前日の準決勝で塔南を6−3で下して決勝に進出した。
 
【決勝戦】
立命館宇治
000100102=4
000010200=3
福知山成美
 
 ○…決勝戦はシーソーゲーム。1点を追う成美は5回裏、2死から西田が右前打で出塁し、3番桑原がフェンス直撃の中越適時三塁打を放って同点とした。7回表に1点勝ち越されると、その裏には、またも2死からチャンスメイク。平野、西田の連打で一、二塁として、桑原の右中間二塁打で逆転に成功した。
 
 最後の明暗も2死からだった。9回表の立宇治の攻撃。勝利まであとアウト一つとしてから主軸に3連打を浴びて逆転を許した。成美もその裏、2死満塁と攻めたが、あと一本が続かなかった。
 
【3位決定戦】
京都外大西
0000020000=2
0000001011=3
塔南
 
【準決勝】
塔南
200000010=3
013101000=6
福知山成美
 
京都外大西
1000001=2
0600111=9
立命館宇治
(7回コールド)
 
 
写真=決勝戦5回裏、桑原が同点の適時三塁打を放つ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ