WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月14日のニュース

大雨が連れてきた:牧川の工事現場に96cmのオオサンショウウオ

0514oosanshouuo.jpg 大雨があがった後の13日、福知山市牧の牧川で、国の特別天然記念物に指定されているオオサンショウウオが保護された。福知山市教委生涯学習課文化財保護係によると、体長は96センチあり、市内で保護されたものとしては、ここ15年では最大級だという。

 発見場所は、前田工業(岩井)が井堰の建設工事をしている付近。前日の大雨で増水して水が入り込み、大きな池になったことから、たまった水を抜く作業をしていたところ、作業員が中で大きな物体が泳いでいるのを見つけた。オオサンショウウオと分かり、そのまま放置すると死ぬ可能性が高いことから、保護した。
 
 用意した容器に入れたが、まっすぐに入りきらない大きさ。市教委の計測の結果、重さは7050グラム、尾の高さ13センチ、胴回り(前足の付け根付近)35センチ。年齢は不明だが、「10歳や20歳というレベルではない」といい、相当長生きしているようだ。
 
 通常、このくらい大きくなると、指が欠損したり傷があったりするケースが多いが、今回保護されたものはこうした点もなかった。増水により、牧川の支流から流されてきたと見られるが、その際についた傷も見当たらず、元気いっぱいだった。
 
 このオオサンショウウオは同日の夕方、市教委によって支流の佐々木川上流に放された。
 
 
写真=保護されたオオサンショウウオ(左下)と保護された工事現場
 
【関連ニュース】
 
 ・大雨が連れてきた:有路下橋に大量のごみ
 
 ・春の大雨各所に影響 府道や舞若道で通行止めも

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ