WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月13日のニュース

鉄道OB会福知山が「余部鉄橋の思い出」発行 旧橋梁の写真など載せ

0513amarube.jpg 西日本鉄道OB会福知山地方本部が、余部鉄橋の旧橋梁の歴史や回顧文などを載せた冊子「余部鉄橋の思い出」を500部発行した。

 旧橋梁は1912年3月に開通。骨組みで橋脚を造り、その上に橋桁を乗せるトレッスル橋で、全長310メートル、高さ41メートル。86年には回送中の列車が突風にあおられて橋梁中央付近から落下し、死傷者が出る事故が起きた。
 
 2007年から新橋梁の工事が始まり、昨年夏に完成。8月から運行している。
 
 冊子はA4判、55ページ。4章からなり、福知山地本各支部の人たちが文章、写真などを寄せている。
 
 第1章は旧橋梁の写真を掲載。2章は歴史について。旧橋梁は海岸に近いことから、錆との闘いを記した文章もあり、点検、再塗装をする専門員がいたことなどを説明している。
 
 また列車転落事故についての寄稿では、亡くなった車掌や地元の人たちを追悼する文も載せた。
 
 3章では旧橋梁の建設秘話や映画の舞台になったことなど、思い出をつづった文章のほか、旧橋梁を題材にした短歌や川柳も紹介。4章では「わたしのアルバムの1枚」として、鉄橋の押し花絵や墨絵などを掲載している。
 
 
写真=4章からなる冊子「余部鉄橋の思い出」

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ