WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年5月 3日のニュース

卒寿記念で念願の親子ピアノ連弾コンサート 岡ノ上町の寺山さん

0502piano.jpg 福知山市岡ノ上町の元ピアノ教師、寺山翠さん(90)が、東京都在住の長女・中根小枝子さん(64)、次女・三原文子さん(62)とともに4月30日、三和町寺尾の三和荘でホームコンサートを開いた。寺山さんが卒寿を迎えたのを記念し、長年の夢だった親子での連弾コンサートが実現した。

 寺山さんは、両親が趣味でバイオリンやマンドリンなどの楽器に親しんでいたこともあり、幼いころから母親にピアノの指導を受けた。
 
 ピアノ教室は1950年から約30年間にわたって開き、地元の子どもたちに音楽の楽しさを伝えてきた。今でも、ジャズ、ポップス、ラテンなど、さまざまなジャンルの曲を友人とともに楽しんでいる。今回のコンサートにあたり、東京の小枝子さん宅に2カ月ほど滞在し、練習を重ねたという。
 
 会場には、老人会のメンバーや教え子ら約40人が駆けつけた。コンサートは、長男の重則さん(68)が司会進行を務めて開幕。「名曲集メドレー」と題し、寺山さんと小枝子さんが約30分にわたって連弾した。
 
 しっかりとした指づかいで力強く弾く寺山さんの演奏に、訪れた人たちは静かに耳を傾けたり、楽しそうにリズムを刻んだりしていた。
 
 演奏が終わると、会場は大きな拍手に包まれ、続いて小枝子さんと文子さん姉妹の連弾、文子さんの独奏が披露された。
 
 寺山さんは「90歳になり、念願だった親子での連弾コンサートができてうれしかった。私の演奏が、みなさんの励みになればと思います。本当にありがとうございました」と喜んでいた。
 
 
写真=観客に見守られながら、長女・小枝子さん(手前)と連弾する寺山さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ