WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月30日のニュース

子どもたちが作った「はやぶさ」実物大模型 帰還カプセル展を控え展示

0430hayabusa.jpg 福知山市猪崎、三段池公園内の市児童科学館に、小惑星探査機「はやぶさ」の原寸大の模型が、29日から展示されている。市内の小学4年生以上の児童で組織する「子どもサイエンスレンジャークラブ」が手作りしたもの。はやぶさの帰還カプセルなどが、隣接する市三段池公園総合体育館で5月7日から特別公開されることが大きな関心を集めており、それに先立って模型を製作した。訪れた人たちは「予想以上に大きいですね」などと驚きながら見ている。

 クラブは自然科学の観察、実験などを通して科学への探求心を深める狙いで01年夏に発足した。市自然科学協力員らの運営委員会(藤原紀幸委員長)が指導している。
 
 はやぶさは、60億キロもの宇宙の長旅をし、地球に無事戻ってきた。クラブの児童13人が指導員4人と一緒に原寸大模型を製作。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を受け、大まかな設計図を手に入れて作業をした。
 
 はやぶさの最大寸法(太陽電池パドル翼端間)は約6メートル。本体部分は木枠に段ボールや金色の包装紙を貼って箱状にし、調理器具のボウル、牛乳パックなどを利用した帰還カプセル、機体の向きを変えるスラスタなどを取り付けた。本体両脇の大きな太陽電池パドル翼は、発泡スチロールにナイロンシートを貼って仕上げた。本体と左右の太陽電池パドル翼は物干しざおでつないだ。
 
 指導員の芦田敏史さんは「5月7日から4日間の帰還カプセル展示、プラネタリウムで上映中のはやぶさの冒険を描いた番組とともに、ぜひ見に来てほしい」と話している。
 
 模型は5月12日まで展示する。入館料がいる
 
 
写真=市児童科学館のイベント広場に展示されているはやぶさの手作り模型

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ