WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月30日のニュース

端午の節句の「のぼり旗」 鬼の博物館が武者絵など20点展示

0430nobori.jpg 明治から昭和初期の端午の節句によくあげられていたという「のぼり旗」20点が、福知山市大江町仏性寺、日本の鬼の交流博物館で展示されている。

 市丹波生活衣館と個人が所蔵しているもので、最長8・44メートル。絵柄は上杉謙信と武田信玄が甲冑姿でにらみ合う川中島の合戦の場面、江戸後期の画家・岸駒が描いたとされる虎と龍、明治の軍人姿などの勇ましい姿や鶴、亀などめでたい図柄も見られる。
 
 博物館は「甲冑姿の武者を描いた武者絵の楽しさなどを楽しんでほしい」と話している。
 
 展示は5月29日まで。ゴールデンウイーク中の2、6両日は休館。
 
 
写真=勇ましい武者などが描かれたのぼり旗が並ぶ館内

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ