WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月22日のニュース

住宅用火災警報器の設置率70% 市消防本部が調査

0422keihouki.jpg 福知山市消防本部は、住宅に設置が義務付けられている「住宅用火災警報器」の設置などに関するアンケート調査をまとめた。設置率は70%で昨年同時期の調査より約9ポイント上昇した。設置義務の猶予期限である5月31日までに取り付けが必要で、消防本部は100%をめざして引き続き積極的に広報をしていきたい、と話している。

 警報器は煙や熱を感知して音などで火災を知らせるもので、台所や寝室などに取り付けることになっている。
 
 アンケートは、コンピューターで無作為に抽出した世帯主800人に送付。期間は2月21日から3月31日までで、49・8%の398人から回答を得た。
 
 調査結果で、未設置の理由としては「猶予期限がまだ先だから」が多く、設置場所や購入先が分からないという回答も多かった。
 
 消防本部は、警報器の作動で火災を免れた具体例や、取り付けを支援する「取り付けお助け隊」をPRするなどして、全住宅での設置をめざす。
 
 問い合わせは電話(23)5119の福知山消防署予防課住民安全係へ。
 
 
写真=取り付けられた住宅用火災警報器

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ