WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月21日のニュース

進路【府立工業】不況下でも就職率100% 国公立大には15人合格

 福知山市石原の府立工業高校(井上泰夫校長)は、2010年度の進路状況をまとめた。不況の影響で、一昨年に比べると求人件数は減ったが、在学中に取得した難易度の高い資格や豊富なものづくりの経験などが評価され、即戦力として大手企業に多数が入り、就職率は100%。進学についても、国公立大学に15人が合格し、12年連続で2けたを達成した。

 今春の卒業生178人のうち63%が就職、37%が進学の道を選んだ。前年度と比べると、就職希望者が24人増えた。
 
 就職はトヨタ自動車、関西電力、三菱重工業、大阪ガス、島津製作所のほか、長田野工業団地に工場があるエスペック、ベネシス、武田ヘルスケア、SECカーボンなどにも多数が決まり、半数近い46%が地元福知山、綾部、舞鶴の企業だった。
 
 進学は、3年間で学んだことをベースに、さらにハイレベルな学習や研究をしたいという生徒らが選択。 国公立には、福井大に2人、静岡大、京都府立大、兵庫県立大に各1人など、9校に計15人が受かった。推薦・AO入試の面接では、ロボットコンテストの出場や高い技術力を評価された。
 
 私立は立命館大、京都産業大に各1人、龍谷大に2人など、延べ34人が合格。短期大学、専門学校には、合わせて27人が進学した。
 
 永井正樹副校長と進路指導部の志賀正史部長は「日頃の実践的な授業に加えて、就業体験などを行い、現場に触れる機会を増やした。就職後も離職率が低く、リーダーを任される卒業生もたくさんいる。良き伝統が定着しつつあり、たくさんの企業が声をかけてくれた。進学も、最後まであきらめずに努力した成果が出たと思う」と話していた。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ