WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月16日のニュース

進路【共栄】地方国公立大から都会の私学へとシフト

 福知山市東羽合の京都共栄学園高校(泉良正校長)は、2010年度の進路状況をまとめた。進学は、将来の就職などを見据えて、地方の国公立大よりも都会の私学へと進む生徒が多かった。中高一貫教育を進めるバタビアコースでは、1割近い生徒が医学部へ進学した。

 国公立大には、京都に5人のほか、大阪3人、神戸3人、一橋2人など、延べ52人(浪人10人含む)が受かった。
 
 私立大は、早稲田に8人、慶応3人、同志社12人など、難関とされる大学への合格も目立ち、延べ268人(同42人)が合格した。
 
 短大は、静岡県立大の短期大学部、甲子園短期大など5校に延べ6人が合格。看護、調理師、音楽学校などの各専門学校へは30人が進んだ。
 
 就職は、希望者25人全員が決定。タツタ電線、近畿労金など、地元の企業へ進む生徒も多かった。2年ぶりに、防衛医科大に進む生徒もいた。防衛大の学生は、手当を受けながら学ぶため、就職に分類している。
 
 足立浩隆進路指導部長は「めざす道に進むためには、情報力が重要だと考えています。進路説明会を6回ほど開いたり、必要な情報を出来るだけ提供して、生徒にやる気を起こさせるよう工夫しました。就職は不況の影響で厳しく長期化しましたが、みんなの頑張りで全員が就職できました」と話していた。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ