WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月15日のニュース

丹波に春:ミズバショウが清らかな姿 筈巻の無量寺

0415mizuba.jpg 福知山市筈巻の無量寺(河口研仁住職)の本堂裏で、ミズバショウが見ごろを迎え、白く清らかな姿をみせている。

 本堂裏には山水が流れる湿地があり、20株前後のミズバショウがみられる。清らかな水が流れ、サワガニも付近をゆっくりと歩く。
 
 ミズバショウはサトイモ科で、白い花弁のように見えるのは、葉が変形した仏炎苞(ぶつえんほう)。その形から「牛の舌」とも呼ばれる。花は仏炎苞の中央の棒状の部分に咲く。
 
 河口住職は「25年ほど前に1株を植え、その後、種が水に流されたり、参拝された方に苗をいただいて増えました。今年は春先が寒く、例年よりも1週間ほど成長が遅いようです」と話していた。
 
 
写真=白く清らかな姿をみせるミズバショウ。近くをサワガニが歩く

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ