WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月 7日のニュース

大学規準不適合判定の成美大 教員不足は5月で解消

0407seibi.jpg 福知山市西小谷ケ丘の成美大学(戸祭達郎学長)がこのほど、大学評価の第三者機関である大学基準協会(東京都)から「大学基準に適合していない」と判定された。行政処分などは科されないが、大学では、大幅な定員割れ、専任教員数の未充足など、指摘を受けた内容に対して検討し、是正していくという。

 学校教育法の改正で、2004年度以降、大学は文部科学省の認証を受けた評価機関から、7年以内の周期で学生の受け入れや財務、教員組織などが大学としての基準に適合しているかどうか、審査を受けることが定められた。成美大は、昨年度がその最終年度にあたるため、評価を依頼していた。
 
 成美大は北近畿唯一の4年制大学。市から校舎建設などで27億円の支援を受けて00年4月に京都創成大学として開学、昨年成美大に改称した。
 
 昨年11月には、運営改革の意見を求めるため、北近畿の有識者8人で改革提言委員会を発足。ここでまとめられた提言書を参考に、12年度を目標とする改革計画を策定した。
 
 また今年度から、新学長に夙川学院大学教授を務めていた戸祭氏が就き、専門分野を生かし「地域と連携した大学づくり」というビジョンを掲げ、最大の課題である学生の確保にあたっている。
 
 専任の教員数が6人不足しているという指摘に関しては、すでに新教員の採用を進めており、5月いっぱいで解消する。
 
 運営する成美学園の西垣寛人理事長は「不適合の判定は、ある意味、当然の結果であると思っています。真摯に受け止め、地域の協力を頂きながら、前を向いて改善に力を注ぎたい」と話す。
 
 戸祭学長は「成美大には、福知山の大学ならではの良さが山ほどある。それをPRしていくことが、学生を呼び込むことにつながると思っています」とし、「地域とのつながり、自由に使えるバスを4台バス所有し学生のフィールドワークに活用できることや、学生の礼儀正しさなどを、広く世間に知ってもらえるよう努力していきたい」と、再建への熱意を見せている。
 
 
写真=「福知山の大学ならではの良さは多い」と話す戸祭学長

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ