WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年4月 6日のニュース

シタールとタブラの不思議な音色 正眼寺で夜桜コンサート

0406sitar.jpg 福知山市寺町、正眼寺(四方正道住職)で5日、夜桜コンサートが開かれた。境内のサクラはまだチラホラ咲きだが、インド伝統の弦楽器シタールと打楽器タブラの演奏があり、訪れた人たちが心に響く音色に聴き入った。

 境内には樹齢80年以上といわれるソメイヨシノが植わっており、同寺が毎年開花に合わせてコンサートを開催。今年で9回目となる。例年だと2日間の企画だが、今年は東日本大震災の発生で、一日だけチャリティーとして開くことにした。
 
 最初に9年連続出演の女性コーラスグループ、ホット・ティーがキーボードの演奏に合わせて「歩いて帰ろう」や唱歌メドレーなどを披露した。
 
 このあと関西を拠点に夫婦で活動するシタール奏者の田中峰彦さんとタブラ奏者の田中りこさんが登場。インドの伝統音楽やビートルズの「ノルウェーの森」などを奏でた。シタールの独特のうねりがある音色とタブラの深い音色が重なり合い、訪れた人たちは不思議な感覚の音楽に魅了されていた。
 
 今冬の雪の影響で境内のサクラの開花は遅れているが、今後暖かさが増すと、一気に開く。開花している間はライトアップをする。
 
 
写真=色鮮やかなライトのもとで、演奏する田中さん夫婦

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ