WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年3月20日のニュース

観光未成熟こそ魅力 若狭・中丹広域協議会が高速道財団最優秀賞

0320kousoku.jpg 福知山市など舞鶴若狭自動車道の沿線6市町で構成する若狭・中丹広域観光誘客協議会が、高速道路交流推進財団が公募する「観光資源活用トータルプラン」で最優秀を受賞した。計画支援金として3000万円を受けることになり、今後3年間の計画に役立てていく。

 財団は広域的に点在する観光資源を磨いたり、結合したりして地域の魅力向上につなげ、観光客の増加や高速道路の利用増につながることが期待されるプランに、計画支援金を贈っている。今回は全国の44団体が応募した。
 
 若狭・中丹協議会は、福知山、綾部、舞鶴の府北部3市、福井県の小浜、おおい、高浜の3市町と各市町観光協会、若狭湾観光連盟、府中丹広域振興局で昨年5月に結成。自動車道の無料化をきっかけに、沿線市町が協力し、若狭、中丹への誘客を図ることを目的にしている。
 
 提案したプランは、「舞鶴若狭自動車道を通じた『ひと肌を感じる出会いづくり』を目指して」がテーマ。具体的には祭りなどの体験観光化▽ハレの文化の商品化▽田舎暮らしの誘致など。祭りのみそぎや小道具製作の体験、祭り料理を現代風のハレの逸品料理にアレンジ、農林漁業体験プログラムなどを考えている。
 
 観光地としての未成熟さや素朴さこそが魅力と感じてもらい、京阪神を中心とした旅行者が、何度も訪れたくなるようなプランを立てるとしている。
 
 福知山市観光振興課は「これを機に6市町が連携し、観光振興を図っていきたい」と話している。
 
 
写真=6市町をつなぐ舞鶴若狭自動車道

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ