WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年3月 8日のニュース

共栄高が福知山駅北に教室開設 通信制のサポートセンター

0308kyouei.jpg 福知山市東羽合の京都共栄学園高校が、通信制課程の生徒たちのために、福知山駅北口前にサポートセンター福知山校を開設した。いつでも通い、学習したり先生に相談をしたりできるスペース。新学期が始まる4月から運用を開始する。

■いつでも通える居場所■
 
 通信制は2003年に設置し、これまでに100人近い卒業生を送り出してきた。現在も北近畿一円の約50人が在籍している。
 
 体の関係で毎日の通学は困難な生徒、不登校の傾向にある生徒、働きながら高校の授業に再挑戦している生徒、自分のペースで学習がしたい生徒ら、多様な若者たちが入学。学校からの指導に基づく自宅での学習をベースに、夏休みや冬休みを中心に規定時間分登校してくるスクーリングもある。
 
 長期休みの期間以外にも、分からないことなどはいつでも学校へ出てきて質問、相談できるものの、駅の南にある全日制の校舎へは通いにくいという声があり、生徒や保護者の願いにこたえるため、通信制のための施設を別に設けることにした。
 
 サポートセンターは駅北口に面したビルの2階に設け、約90平方メートルの区画に、明るく開放的な学習スペースと個室を複数配置。全体学習にも個別学習にも対応できる。
 
 毎週月曜から金曜まで自由に通えるほか、新年度からは曜日を決めて通学して来るカリキュラムも組んだ。
 
 泉良正校長は「施設完成で、生徒たちの『居場所』と幅広い教育の機会が確保できました」と話し、担当教員たちは「中学課程からのやり直しから難関国立大受験まで、しっかり支えられるし、就職へ向けた資格取得などもバックアップできます」と教育効果への期待を膨らませている。
 
 
写真=開設したサポートセンターで「幅広い教育の機会を確保できる」と意義を話す泉校長

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ