WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月25日のニュース

市民プール跡地施設出店のレストラン、洋菓子6店舗決まる

0225siminnpuuru.jpg 福知山まちづくり会社(芦田卓社長)は24日、福知山市蛇ケ端の市民プール跡地に計画している「福知山城周辺賑わい創出施設」の出店者7店のうち、これまでに決まった6店を公表した。今後、出店者と協議を重ね、来年3月のオープンを目指す。残る1店は引き続き公募していく。

 出店が決まった事業所は、すべて飲食。モルトフレスコ(イタリア料理)▽ホテルロイヤルヒル(カフェ&バー)▽丹波スイーツKi−Ka(洋菓子の製造販売・カフェ)▽そば処そば久(そば・うどん)▽洋菓子・マウンテン(チョコレート・洋菓子の製造販売)▽サリィズ(オーガニックキッチン・鉄板料理)。
 
 施設は、プール跡地を有効活用するために計画を進めている。広さは約8400平方メートル(約2550坪)あり、修景施設(街角の広場、芝生の広場、子どもの広場、デッキ、ナチュラルガーデンなど)▽店舗(飲食・物販)▽駐車場(一般車60台、バス2台)▽防火水槽−などを配置する計画。
 
 配置する店は1店当たりの店舗面積が70−120平方メートルで、飲食は和・洋問わず、レベルの高い中にもカジュアルな食事やお茶、スイーツなどを楽しめる店にする。物販は、福知山の素材を生かし、歴史や文化を新しく表現したグッズなどを扱う店−をコンセプトにしている。
 
 今後は、出店者と店舗の建築・営業内容などについて協議し、8月には店舗の工事に着手、来年2月に完成、3月に開店させる計画。市が整地し、植栽などの基盤整備をしたあと、まちづくり会社が国の助成を受けて店舗を建築、テナントを入れる。業者はまちづくり会社から建物を借りて店舗を運営する。
 
 同社は、あと1店舗を募集している。希望としては、飲食ではフレンチ(ビストロ)、チャイニーズ、日本料理など。物販では、生活雑貨(セレクトショップ)、衣料、フラワーショップ+ガーデニンググッズなどを挙げている。
 詳しくは同社、電話・ファクス(23)0266。出店者が決まり次第、公募を終える。
 
 
写真=福知山城周辺賑わい創出施設のイメージ図

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ