WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月18日のニュース

あふれる思い胸に 福知山女子高で最後の卒業式

0218fukujyo.jpg 福知山市西小谷ケ丘の福知山女子高校(足立威校長)で18日、第53回卒業式が行われた。来年度から系列校の福知山成美高校と統合するため、今回の卒業生53人が「福知山女子高校」として巣立つ最後の生徒になる。

 保護者のほか、かつての教職員、歴代育友会会長、同窓会役員にも招待状を出し、大勢の人が同校体育館に集まった。それぞれが母校に、あふれる思いを抱いて始まった最後の卒業式。温かい視線が、別れを惜しむ卒業生らに注がれた。
 
 入場後、全員で校歌斉唱。一人ずつ名前が呼ばれ、元気よく立ち上がる卒業生。2クラスの代表が、足立校長から卒業証書を受け取った。
 
 足立校長は「3年間の努力が実り、この日を迎えたみなさん、卒業おめでとうございます。本校で学んだ、心、善、美の精神を忘れず、夢を持ってこれからも頑張ってください」と卒業生にエールを送った。
 
 来賓祝辞のあと、在校生代表の改森采芽さんが、これまで世話になった先輩たちに感謝の言葉を読み上げた。これに対し、卒業生代表の谷朋美さんが、これまでの思い出や旅立ちの決意を述べ、会場の涙を誘った。
 また式のなかで、全国大会に出場したソフトテニス部と国体出場のバスケットボール部員に功績賞、全クラブに対して実績賞を贈り、訪問介護員2級の養成課程修了者への証書授与もあった。
 
 卒業生を見送った2年生の52人は、来年度から福知山成美高校へ編入する。未来プロジェクトコースの生徒は普通コース、進学ハイクラスコースは進学コースで新生活に入る。
 
 市内の他の私立高校の卒業式は、19日に京都共栄学園、23日に福知山成美、25日には福知山淑徳で行われる。府立3高校は3月1日。
 
 
写真=最後の校歌斉唱をする卒業生(18日午前10時すぎ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ