WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月14日のニュース

恋を結ぶ原料になる? バレンタインにちなみ市植物園がカカオを展示

0214kakao.jpg チョコレートの原料を知ってもらおうと、福知山市猪崎の市都市緑化植物園は、果樹温室にカカオの実を展示している。今月末まで。

 カカオは熱帯アメリカ産で、樹高4−6メートルになるアオギリ科の常緑小高木。果実は紡錘形で、熟すると緑から濃い黄色や赤紫色になる。中の種子を発酵させて干したものが、チョコレートやココアの原料になるという。
 
 温室には、約3年前に購入し高さ約2メートルに成長したカカオの木の横に、調達した長さ約25センチの実を展示。バレンタインデーの由来などの紹介文も並べた。
 
 この木は昨秋、初めて小さな花を咲かせたが、実はならなかった。14日はバレンタインデー。職員らは、恋が成就するようにカカオが結実することを願っている。
 
 
写真=乾燥させたカカオの実を展示している

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ