WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月13日のニュース

駅南の福島文進堂、ブックオフとハードオフも開店

0212bunsindou.jpg 福知山市駅南町の国道9号沿いに福島文進堂(福島慶太社長)が建設した複合商業施設で11日、ブックオフとハードオフの店舗がオープンした。昨年11月に書籍の「福島文進堂福知山本店」がオープンしており、今回、商業施設全体がグランドオープンした。

 建物は鉄骨造り一部2階建てで、延べ床面積は2059平方メートル。建物正面に向かって右に書籍の福島文進堂福知山本店、中央に古本の買い取り販売の店「ブックオフ福知山駅南町店」、左側にリサイクルショップ「ハードオフ福知山駅南町店」が入った。
 
 いずれも同社の経営で、市内にあった店舗を移転して同一建物に集約した。ブックオフは売り場面積約500平方メートルで、旧店舗の約1・5倍に拡大。蔵書数は約20万冊。CDやDVDなども扱う。
 
 ハードオフは売り場面積約240平方メートルで、旧店舗とほぼ同じ広さ。中古のパソコンやオーディオ、ビジュアル機器(テレビ、ブルーレイなど)、楽器などの買い取り販売をする。今後は、トレーディングカードや携帯電話も扱う計画だという。
 
 すでにオープンしている福島文進堂は売り場面積約890平方メートルで、北近畿最大級の20万冊の蔵書を持ち、専門書などを充実させている。営業時間は3店とも午前10時−午後11時。
 
 3店の集約化によって、店舗の大型化、複合化、合理化を図った。店の前に74台、近くに30台分の駐車場を確保し、顧客の利便性アップや経営面での合理性を高める狙いがある。年間売り上げ目標は5億円(3店合計)に設定している。
 
 2階部分には広さ約230平方メートルのテナントスペースがあり、塾や事業所の事務所などを募集している。
 
 福島社長は「採算に乗るようなら、将来は他地域でもこうした複合店舗の展開を考えていきたい」と話している。
 
 
写真=11日にオープンしたブックオフ(手前)とハードオフの店内

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ