WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月 9日のニュース

190年ぶりに修復された涅槃図を公開―土師の円覚寺で

涅槃図  15日は釈迦が入滅した日。多くの寺院では、本堂に大きな「涅槃図」を掲げて法要・涅槃会が営まれる。福知山市土師の曹洞宗、円覚寺(成田大航住職)では、約190年ぶりに修復を終えて昨春に寺院へ戻った寺宝の涅槃図を開帳する。

 涅槃図は縦2・6メートル、横1・8メートル。釈迦が涅槃に入るとき、沙羅双樹の下で臥し、その周りで弟子、菩薩、動物などが泣き悲しむ場面が緻密に描かれている。
 
 同寺のものは裏面に書かれた文面から、300年以上前の作と推定される。木箱に入れて蔵で大切に保管されていたが、その存在すら忘れていた檀家も多かった。浄財を集め、一昨年夏に京都市の専門業者に修復を依頼し、昨年春に戻ってきた。
 
 涅槃会は15日午後3時から法要をし、涅槃図の説明もある。ぜんざいを接待。図は今月いっぱい掲げる。
 
 
 写真=本堂に掲げる涅槃図
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ